防災用品は、非常食の他に何を用意しておいたほうがいい?

寄付には色々とあります。
「義援金」とか「救援金」とか「寄付金」とか「募金」といったものがありますよね。
どれも寄付になります。
「寄付」と言うのは公共の事業、公共団体に役に立つように金品を差し出すものになります。
日本赤十字社などでは、日本国内で災害被災者を支援する為の目的で募集する寄付金のことを「義援金」としているようですね。
そして、海外の災害被災者を救援する為の目的で募集する寄付金を「救援金」としているようですね。
『義援金』国内で大規模自然災害が起きた場合、被災者へ渡すために集められます。
多くの人に届けられた義援金には、全額被災した地域に設置されている義援金配分委員会へと届けられます。
そして被災した人に配分されます。
『救援金』これは、世界各地で今でも起きている武力紛争、自然災害で被災した人たちを助けるものになります。
紛争地域、被災地域で苦しんでいる人の元へ寄せられた救援金を世界各国にある赤十字社、または赤新月社の人道的活動資金で活用します。
それは「支援金」と言うものがあります。
それから被災者へ提供するなどしています。
このようにして救援にあたる資金となっているのです。
義援金の様に公平に被災者へ分配されるものではありませんが、現地で実際に状況を見て必要と思われる人に必要なものを届けることが出来ます。
また義援金では配布されるまでに半年とか一年を要します。
支援金の場合は即効性がある資金になります。
非常食は何を用意する?