日本酒の美味しい注ぎ方について

日本酒と言うと、名前の通りです。日本人なら一度は試してみたいお酒だと思います。(笑顔)。種類も豊富ですよね。日本酒はハマると中々奥深いものがあると言えます。(笑顔)。もちろん飲み会の席で日本酒を飲む事は多々あるのではないでしょうか。例えば日本料理屋で飲み会をする場合、ビールのあと続けて日本酒をオーダーする人が多いですよね。ちなみに私は熱燗が好きですね。(笑)そんな日本酒にも、実は様々なマナーがあると言います。それでは、日本酒を注ぐ時に気をつけることはあるのでしょうか!?そこで今回も注ぐ方と注がれる方の両方のポイントについてお教えします。<自分が日本酒を注いでもらう場合について>さかずきは、右手で持ちます。しっかりと両手で持つことです。それがポイントになります。<逆に自分が日本酒を注ぐ場合について>これが少々難しいと言えます。(汗)まずとっくりの胴を正面が上向きになるように右手で持ちましょう。※しっかりと持ちます。続いて左手でとっくりの下側を支えます。※さかずきに触れないようゆっくりとお酒を注いでいきます。※この時のリズムは、ビールと同じ「とん・つー・とん」です。最初は、ゆっくりとです。それから徐々に勢いをつけていきます。そして、最後はまたゆっくりとお酒を注ぎます。注ぎ終わる直前になると、とっくりの口先を手前側に回しましょう。その他のお酒に比べ注ぎ方が難しい日本酒になりますが、だからこそしっかりとマナーを覚えておきましょうね。しっかりとマナーを勉強してください。美味しく日本酒を頂きましょうね。(笑顔)